雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

終物語 「第11話 しのぶメイル 其ノ伍」 簡略感想

2015.12.19 (Sat)
会うことはできる。
少年のような姿になった死屍累生死郎は
阿良々木暦に「キスショットと別れてほしい。」と告げる。
公式より

初代との話し合いの様なそうでもないような会話で
結果的に決闘をすることに
エピソード(猫の白で出てきたのはこれのついでか)と伊豆湖が
取りまとめることに

暦が帰ると忍と神原が言い争い
それは会わないことへの不満だった。
神原はどんな結果であっても会うべきだと
忍もすねるほどには響いたようです。

神原がまっすぐでいい女性であることが
今回も含め、あらためて認識できます。
あの変態さも、このまっすぐさも含めて神原なんだと

「人と人では会(合)わないことはあっても合(会)わないことはない」
いい言葉遊びだなと思いました。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック