雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Dimension W 第1話「回収屋」

2016.01.16 (Sat)
次元Wのある世界へ
次元間電磁誘導装置、通称コイルによって、
次元軸Wに存在する無尽蔵のエネルギーを取り出すシステムが完成した未来。
法によって禁じられた不正コイルの回収を生業とするマブチ・キョーマは、
ウォン兄弟のアジトで謎の少女・ミラと出会う。
コイルの開発者、百合崎士堂博士を「お父さん」と呼ぶその少女の正体は……!?
公式より

原作持ちのため
非常にテンポよく進んだ感じがします。
きりがいいところだと10巻くらいの内容(ルワイとサルバがいるので)
をやるのでいい感じにカットしてくれると思います。

OP.EDともに見てて気持ちよく
キョーマが踊るとは思わなかった・・

次回はルーザー
原作では独特な文字で表現されている彼の言葉を
どう表現するのか
そして戦闘シーン
楽しみです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第1話 回収屋 西暦2072年、人類は第4の次元軸Wを発見した。百合崎博士の発明、Wから次元間電磁誘導装置、通称コイルで 無限のエネルギーを得ることが出来るようになった。 回収屋のマブチ・キョーマはマリーから不正コイルの回収を依頼される。報酬の一部はガソリンを要求するマブチ。彼らのアジトに侵入すると少女が連れ込まれる。しかし目的は不正コイルの回収だけ。少女を人質に取られても気にしない。その少...