雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

僕だけがいない街 第4話「達成」 簡略感想

2016.01.29 (Fri)
希望はある
ただそこにいくまでは・・
Xデーまであと1週間。
事件そのものを無くそうと意気込む悟は、一人にさせないよう、雛月を科学センターに誘う。
だが、彼女の母親が許さない。
そこに現れたのは佐知子だった。
そのフォローのおかげで、共に科学センターに行くことができた悟。
そこで彼は雛月と18年前にも同じ会話をしたのを思い出す。
リバイバル前と同じ時のレールに乗っているのではという疑念
そして迎えたXデーの当日……。
公式より

繰り返しているのではないかと言う疑念を持ちながらも
加代のため、自分の覚えている以前とは違う環境を紡ぎあげ
誕生日を無事に過ごし、加代の言葉も明るいものであった。
それでも最後には恐れていたことになってしまうのか
これまでが希望的観測だっただけに
どうなってしまったのか気になる話でした。

加代は本当にかわいいし、佐知子さんも毅然とした女性で
いい人でした。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック