雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Dimension W 第5話「亡者の可能性」 簡略感想

2016.02.11 (Thu)
可能性は希望
霧に包まれた八十神湖で起こる異変。
それはナンバーズに保存された記憶からの浸食によるものだった。
ホテルを取り囲み、人々を襲う幽霊たち。キョーマとミラは幽霊たちに
苦戦しつつも、アルベルトやエリーの力を借りながら、21年前の真実へと近づいていく。
はたして過去の八十神湖に、いったいなにが起きたのか……?
公式より

複雑な話だったのですが
わかりやすくなっていたので
原作を読んだときよりすんなり入ってきました。
後悔していた現実の自分を
可能性の自分が殺すという
コイルのあやうさとナンバーズの強大な可能性の力が
描かれながら、人の可能性は力しだいでここまで大きくなるのだという
話だったかもしれないですね

原作とは細かい点で違いますが
榊四十郎が出てきて、過去の自分を悟るような
場面がありました。
あとエリーの黒髪とノートの処遇など
それでもキャラの魅力が損なわれていないのがすばらしいなぁと

次回からアフリカ編?に突入
ついにキョーマのことが描かれる話になりますね

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

File 05 亡者の可能性 エリザベスのアニマロイドで通信するキョーマとアルベルト。ミラを探すアルベルトとエリザベス。偶然にも八十神湖から発生したものは他の水で撃退できる。非常火災用のスプリンクラーで館内の者を撃退する。 異世界に捉えられたミラだが、個の認識で自身を上書きできて脱出する。エリザベスがミラをリセットする直前に意識が戻る。キョーマに異世界の説明をしようとして遭遇する。ダムの管理...