雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

僕だけがいない街 第9話「終幕」 簡略感想

2016.03.05 (Sat)
先週は休んでました・・
3日にわたる行方不明の期間を経て、自宅へと戻る雛月。
母親である明美は、彼女の後ろに控える悟・佐知子の姿を見て
怒りのあまりシャベルを振り回す。
間一髪、その一撃を避ける佐知子。
そして見計らっていたように、児童相談所の職員と八代が現れた。
雛月の一時保護を伝える職員に明美は反発し、警察に行くと息巻いた。
3日間の誘拐を警察で話されると悟たちが不利になる…
そんな状況の中、八代が連れてきた誰も予期せぬ人物が
事態を急変させる……。
公式より

先週から続いた逃避行の結果となる回でした
加代の母親の裏事情
どこにもぶつける人や場所がなかったがゆえだったのかもしれない
母親にとってそれが加代に向けられてしまったのが
はじまりだったのかもしれないですね。
まぁ夫が一番悪いということで

加代とはお別れすることに
加代の表情の一つ一つがはかなくもかわいかった。
悟は次の事件を止めるべく行動を始める
ケンヤは頼りがいありすぎですごい
ヒロミはうん・・・男か本当・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック