雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

キズナイーバー  第2話 簡略感想

2016.04.17 (Sun)
「こんな異常事態カンタンに飲みこめんなら
バリウムなんざバケツ二杯は軽く余裕だっつーの」
公式より


自己紹介しかしなかった回でした。
もっともの人に知られたくないことを
正直に話すことが求められた状況になった彼らは
天河は犬が苦手
仁子は妖精を信じていない
由多は昔太っていたが、高校デビューで痩せたこと
千鳥は昔の勝平が好きだったこと
勝平は秘密自体がわからないが、キズナイーバーになったことが
いいことだったと話すことでOKに

だが、一人逃げてしまった穂乃香は
戻ってきて彼らに人を殺したことを
告白するのだった。

秘密と言っても知られたくなかった理由が様々だなぁと
天河はイメージと違うから
仁子は仮の姿で人から嫌味を向けられたくなかった
由多は劣等感でしょうかね。今の環境を崩したくないとか
千鳥は勝平に対しての負い目でしょうかね。
いずれも自分が思うより深刻になることはないみたいな
感じでしたが

ただ一人、穂乃香だけは本当に知られてはならない
事柄でしたが、ここからどうなるのだろう・・
本当のこととは限らないですが

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第2話 こんな異常事態、カンタンに飲みこめんなら バリウムなんざバケツ二杯は軽く余裕だっつーの キズナ計画は市長も教師も参加して推進していた。選ばれた6名は全員が州籠高校の2-Aクラスだった。自己紹介では秘密にしている知られたくないことを話してもらう。園崎が事前に調査して秘密を知っている。不正解だと捕らえられた阿形に電撃で痛みを共有することになる。天河は犬が嫌いだった。仁子は妖精なんか信じて...
『こんな異常事態カンタンに飲みこめんなら、 バリウムなんざバケツ二杯は軽く余裕だっつーの』
キズナイーバー  第2話『こんな異常事態カンタンに飲みこめんなら、 バリウムなんざバケツ二杯は軽く余裕だっつーの』今回は・・・サブタイ長げーな。内容はただの自己紹介だった ...
ミッション・・自己紹介をしてください