雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ふらいんぐうぃっち 第2話 「魔女への訪問者」 簡略感想

2016.04.19 (Tue)
春が来た
とある日の放課後。倉本家にちょっと変わったお客が訪れる。
そのお客は魔女の間では「春の運び屋」と呼ばれる。
冬を送り、春を運び届けている彼は、青森での仕事を終え
新米魔女である真琴に挨拶に来たという。
魔女として春の運び屋を迎え入れる真琴に対して、千夏は…。

そして、また、別の日。春が訪れた青森で圭は
道端にばっけが生えているのを見つける。
ばっけを食べたことがないという真琴に対して圭が家に持って帰ることを提案し…。
公式より

春の運び屋との出会いと
春を実感できるばっけを食したお話でした。

原作を崩すことなく
ほのぼのとした間がとても面白い
運び屋は原作の頃から、その見た目が
けっこう好きだったので楽しみでした。

ばっけのお話も不思議な夢から
現実の春を実感させてくれる印象でした。

普通のこと?しかしていないのに
とても面白かったです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第2話 魔女への訪問者 一人で帰る真琴、迷子になりそうだが なんとか無事に帰宅したことが自慢。日記にも書いておこう、でも部屋を間違えそう。 倉本家に訪ねてきた仮面の人。応対に出た千夏は不審者だと鍵を閉める。縁側に回りこんで声をかけるが怖くて障子を閉める。大丈夫ですよと真琴が応対に出る。春の運び屋さんで、仕事が終わってこの地を離れる。その前に新米の魔女に挨拶に訪れたのだった。それならと先日収穫...