雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

甲鉄城のカバネリ 第4話「流る血潮」  簡略感想

2016.05.06 (Fri)
その血は誰のために
生駒と無名は民衆によって最後尾車両に閉じ込められてしまう。
それは甲鉄城の戦力の弱体化を意味していた。
ちょうどそこにカバネが襲ってくる。
しかも中には、戦いを重ねて強くなったカバネ――ワザトリがいて……。
公式より

最後の血を飲むシーンはHELLSINGを思い出した。
契約うんぬん言っているのも含めてそれっぽいなぁと

菖蒲はどこか甘さを残しながら、決断する力はあるように
感じます。自身で戦闘したりとそばにいる人にとっては
気が気でないのかもしれませんが。
菖蒲の武器かっこよかった。

お付きの二人。特に来栖はいい印象はなかったですが
今回で少しは・・
心臓を貫けなかったとしても、足を切り連携して戦うようになれば彼は
力強いかも。

無名は何かしら抱えている様子。
血を長く吸っていないからかもですが
生駒より行動限界が早いのが気になる・・

その生駒は無名とは違い、血をよこせ発言
力強さとあの武器を編み出したことが倒すことに
つながったし、めでたし。

最後にはみんなに受け入れられた形で終わり
一章完といった印象です。

次回予告を見ると別方向からの不安になりますが・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

菖蒲様も美しい・・・
停車中の甲鉄城をカバネが襲撃。 なんとか襲撃をを逃れ、目的の金剛郭を目指す甲鉄城。 しかし、甲鉄城に乗る人々はカバネリへの不安を募らせ、菖蒲が甲鉄城のリーダーから降りる事態となっていた。 菖蒲がリーダーを降りた直後、カバネリを危険視する人々は生駒達の乗る最後尾のボイラー車を切り離そうとする。 その刹那、山中に潜んでいたカバネが甲鉄城を襲撃。 甲鉄...
人気があるみたいなので、見てみましたが、ストーリーに重みが全く無いですね ノイタミナ枠なので、お金をかけているし、視聴者が多いのは分かるのですが… マクロスも今回TBSじゃないので、お金かけてないし、Fほど人気が出る気はしないです 主人公に魅力が全く無いし、やっぱり無名と菖蒲を見て楽しむアニメなんだなと思いました
何故殺した!?いや何故って…カバネだからなんですけど。あれだけカバネにギャアギャア言ってたのに何じゃそりゃ。腹に子供居たってカバネになっちゃてるでしょうに。人間>カバネ>カバネリこいつらの頭の中はこうなのか。 来栖役に立った。姫さまを襲おうとした生駒からガード。俺、カバネになりかけている?カバネじゃないけど血が必要。増々持ってバンパイア・ハーフっぽいですね。 カバネリがカバネを...