雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

甲鉄城のカバネリ 第8話 「黙す狩人」 簡略感想

2016.06.03 (Fri)
その男は美馬
無名の慕う兄様は、カバネを狩る特殊部隊――狩方衆を率いる美馬だった。
だが、人々から英雄と讃えられる美馬のことを
生駒は信じられない。彼こそが、無名をカバネリにした元凶だったからだ。
公式より

美馬は野心をひた隠しにする感じが出ている人物でした。

今回はそんな彼に対しての無名と生駒との反応の違いが
出ていた回でした。
自分に力を、生き方を教えてもらい、カバネリになることを選んだとした無名と
そうせざるおえないとさせた張本人だと考える生駒と言った感じでした。

あの男を切ったシーンは美馬の方が普通に感じましたが
切った後に笑ったところと檻に入れたカバネ達の声に
うっとりしているかのような表情、そして鋼鉄城のカギを
求めたところをみると何かしら目的があるのだと

カバネリの身体能力はスゴイだとまた分かる戦闘でした。
戦闘が多数を行動不能、またはせん滅を行い
後続がしっかりとしとめる作戦は効果的ですね。
というか、あの部隊にカバネリはあの女性一人だけなのだろうか?
無名はカバネリにできたのに、他の人には行っていないとすると
実験は女性だけとか限定的なのだろうか・・?
というか、意外に人間でも強いな・・
美馬の理論に支配されている無名
たぶん生駒が嫌なのはそれがすべてだと思っていることなのかもしれない
前回の話で記憶があいまいになっているほど何かした、された
可能性もありますしね。

美馬という人間サイドの脅威が現れたことで
無名と生駒に亀裂が入り、鋼鉄城自体にも危機が迫ってきそうな
回でした。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第八話 黙す狩人 無名が兄様と慕う狩方衆の美馬。生駒を甲鉄城のカバネリとして紹介する。体調検査のために恙見所に向かえ。弱いものは死ぬしか無いと無名に教えた方ですよね。生駒は美馬を信じられず、確かめるつもりだった。菖蒲を黒城に招待する途中で蒸気機関を修理する。生駒も手伝い、二人で話す。生きるとは戦って勝つことだよ。 倭文駅に多数のカバネが迫ってきた。群れの数は7つ、壁沿いなので群体になる恐れは...
『黙す狩人』
倭文駅にあらわれた『美馬』は無名をはじめとした多くの人々の信頼を得る英雄であった。 しかし、生駒は無名に弱いものを切り捨てる考えを教えた美馬を信じきる事が出来ないで居た。 そんな中、幕府側の策謀により倭文駅をカバネの群れが強襲。 美馬は狩方衆を率いてカバネ狩りへと打って出る。 鍛え上げられた狩方衆によって次々と狩られていくカバネ。 その最中に、幕府側の刺客と...
いきなり喧嘩腰。弱い者は死んで当然、そう無名に教えた方ですよね。 初対面でその態度は拙いんじゃないの。序盤からピリピリムードです。弱肉強食=弱いものには生きる権利がないというなら頷けません。隠れて身を守ることじゃなくて、立ち向かうこと。そっちの話なら生駒も共感出来ると。ちょっと和解ムードが漂ってきました。  陰謀が動き出す。死体を餌にカバネをおびき寄せ。当主としてはこんな...
== 各々の信ずるもの ==  どうも、管理人です。アニメ消化が追い付かないので、色々と順番を入れ替えつつの更新。中々ままならないものよ。 === 生駒:「行くな、無名!!」 ===  今回の話は、美馬の光と闇を描いた話。前回ようやく登場となった美馬ですけど、まあ言うまでもなくそういうキャラでしたか。出会い頭のやりとりからして、あの一行自体が胡散臭いというか周りとの温度差があっ...