雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

甲鉄城のカバネリ 第9話 滅びの牙 簡略感想

2016.06.10 (Fri)
罪と真実
甲鉄城は金剛郭へ至る最後の砦−−磐戸駅に到着する。
幕府は、民衆の声望を集める美馬を警戒し
金剛郭への道を閉ざそうとするが、美馬は磐戸駅の領主に会談を求め……。
ついに、美馬と狩方衆による倒幕が始まったのだ。
公式より

美馬が本性を出した回でした。
融合体、鋼鉄城の奪取?など起こりましたが
鋼鉄城に関しては実験体がほしいのかな
子供多かったですし、融合体に関しては
ちょうどいいから使ってみよう的な感じか?
でも、彼女を失ってまで行うことだっただろうか。

鋼鉄城サイドでは、狩方衆によって幽閉されたような状況に
生駒たちの抵抗むなしくと言った感じ

無名に関してはようやく美馬の正体
思惑を見せられて次にどう動くのかというところでした。

美馬にとっての戦いこそ真実、弱肉強食であるという
考えだが、そこにはそうしないと生きていけなかったからなのか
長男で勘当されたことの恨みなのか
彼の過去は描くことはあるのか分からないけど気になる。

美馬によって鋼鉄城は支配され、その所業を見せつけられた
生駒、無名、彼らが彼にどう行動を起こすのか
そして落ちた来栖は生きているのか
(彼、剣持ったとたん輝きだした感ある。)
ただ、この展開だとラスボスは実験によって生み出された
イレギュラー体とかになりそうで・・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第9話 滅びの牙 磐戸駅は金剛郭へ通じる最後の駅、 美馬の入城を許さなかった。これで狩方衆と別れられると少し安心する菖蒲。生駒に無名を取り戻せと告げる菖蒲。 美馬は無名に皆が幸せになれると作戦を命じる。城主の前田は美馬と会うがお供は女子供だけ。菖蒲も侑那と登城する。美馬は無名と滅火を連れて登城する。無名が戻ったので私は使い捨てられるのね、それは今日? 警戒される美馬、無名がトイレに向かう。そ...
狩り方衆は駅に入れない。金剛郭まで護衛とか無理じゃん。甲鉄城の連中と狩り方衆はここでお別れ。でも無名は生駒と喧嘩したまま美馬と一緒に居る。生駒としては気になるし、菖蒲も同じ気持ちの様で。 無名…可哀想な子。何やら滅火が意味深なことを。 私は…今日死ぬの?更に怖い事を言い出した。  お気楽な領主・前田。対象的に部下は物々しい警備。美馬の訪問は許可するものの...
無名ちゃん大ショック・・・・・