雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

甲鉄城のカバネリ 第10話「攻め上ぐ弱者」 簡略感想

2016.06.17 (Fri)
すべては彼の手のうちに
克城に連結された甲鉄城では
逞生たちが狩方衆の厳しい管理下に置かれ
血を採取されていた。絶望する人々の中で
生駒は諦めず反攻作戦を企図する。自由と誇りと
無名を取り戻すために。
公式より

後味の悪い最後でした。
反乱を画策し、実行しながらも
生駒は逞生を失い、そして取り戻すはずの無名に
刺されてしまう。

美馬の狙いはやはり将軍。
磐戸駅のようにしたいのでしょうね。
そして最後の問いかけのシーンは異常と言うより
彼なりの価値観は持っているのかも
ただ異常なのは異常ですが

無名はやっと反発できたものの
薬によって操り人形になってしまう。
記憶があいまいだったのも薬によって制限されていたの
かもしれない。

美馬によって悪い方向に進みつつある状況
ですが、カバネがでてないので
カバネが強い、怖い存在であるのがもっと見てみたい。
一方で美馬の動向もまた興味が・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

兄様マジキチ。こんな人跡継ぎになんてさせられませんわ。遠征にかこつけて殿様が暗殺するのも分かる気がする。それとも遠征前はまともだったのか。  弱肉強食なんて認められない。というか女子供を弱いから死ね、じゃ未来ありませんよね。狩り方衆そのへん分かってるのかな。甲鉄城の連中はカバネ用に血をとられる家畜。ちょっとでも異議申し立てしたら腕ズバーン!一緒に居る連中も戦闘狂みたい。弱者にとって...
『攻め上ぐ弱者』
美刃により占領されてしまった甲鉄城。 自由を奪われた人々は強制的に血を採取され、生駒も牢に幽閉されてしまう。 美刃への憤懣を募らせる人々が生駒と共に反抗の時を伺う中、無名は人々の安全を嘆願。 表面上は無名に優しい言葉をかける美刃だったが、自らの意に沿わない無名を危惧。 生駒達が反乱を起こす事を予期していた美刃は生駒達を止める事を拒絶した無名に薬を投与。...
== 絶望をその手に刻め ==  どうも、管理人です。結局、咳の調子があまり良くならないまま、また週末を迎えてしまったなどと。とりあえず、ちょっと対策考えましょうか。 === 美馬:「感想を言ってみろ!」 ===  今回の話は、甲鉄城チームの一揆(あながち間違ってない)を描いた話。しかしまあ、毎度言ってますが、美馬さまがただの復讐者でしかなくて、キャラの魅力が死んでるのが本当勿...
美馬って実は変態でしょ・・・・