雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

甲鉄城のカバネリ 第12話 「甲鉄城」 簡略感想

2016.07.01 (Fri)
最後まで成し遂げたかったこと
美馬の計略と、ヌエとなった無名
そして流入したカバネにより、金剛郭は崩壊しつつあった。
そこに生駒が到着する。
自らの体を再び改造した生駒は、無名を救うために
敵だらけの金剛郭に踏み込んでいく。
公式より

最後は生駒と美馬との意地の勝負がメインでした。
決意をした生駒は美馬のもとに辿りつき
苦しみながらも無名を助け、鋼鉄城に戻ることができた。

ただそれだけですが、無名の心模様や今までとは違う生駒の覚悟
そして美馬の最後と最後まで詰め込んだ話でした。

美馬がカバネリだった?のでしょうか
だとするとカバネリ化をされる人間を選んでいたのかな
言ってしまえば、数人の部下をカバネリにすればまぁ強いだろうに
それをしないのは恐怖なんでしょうね。
最後まで自分本位でしたが無名に刺された彼はどこか納得したような
表情だった気がします。
白血漿を持っていたのも自分用?だったかもしれない

無名の心にいた赤い蝶の中にいた一匹の青い蝶
生駒が無名の心の中で希望の存在であり続けたからこそでしょうか
最後の生駒へのセリフは前半の彼女とは違い人間味あふれるものでした。

生駒はもう無名、その約束を果たすためだけでなく、自分の中で
一線を引いたような強さでした。今までならそこで殺さなかったと思うし
ある意味で美馬になりそうですが、無名がいる限り、そうはならないだろうし
彼自身ならないか。

カバネがうごめき自由な生活ができない世界で
どんな人が生きて、どう思って抜け出そうともがくのか
それを感じた作品でした。
美馬はその中では異質で悪人であったけど
私怨だったけどもカバネに支配されている現状を強い人間だけにすれば
どうにかなると思っていたかもしれない。
最後に破壊を楽しみつつあったけど、それがカバネにだけ向いていれば
よかったのに

鋼鉄城がどうなるのか
無名や生駒達がどうなるのか
気になりながら最終話
カバネとはなんなのかではなく
カバネが生まれてきてしまった世界で生きる者たちの
お話でした。
美馬は本心がつかめず、最初から出てるとまた違うのかなと
思いました。突然出てきた感があったので

生駒や無名は決意し、砕かれながらも二人で、みんなで
生きていくことを決めたのがなんともいいですね。
生駒が生きていたハッピーエンドにしてくれてよかったです。



生駒は

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

美馬によってカバネで溢れかえり、人々の死が溢れた金剛郭は阿鼻叫喚の地獄へと変わっていく。 そんな時、黒結晶を打った生駒が金剛郭へと到着。 猛烈な勢いでヌエとなった無名の元へと駆け抜けていく。 おびただしい数のカバネの群れを潜り抜けて無名のもとへと急ぐ生駒だが、その行く手を狩方衆により阻まれてしまう。 無数の弾丸に晒されながらも、来栖との連携で苦戦しなが...
無名は戻ったけど生駒は…。一人で満足して死んでいきました、という展開になるんじゃないかと。基本的に私はハッピーエンドが好きです。たとえ世界が平和になっても主人公が死んじゃったら全然嬉しくない。なので「革命機ヴァルヴレイヴ」とかしょんぼりでした。かといって安直に生き返ったり「よく分からないけど助かった」って展開にされると萎えちゃう。果たして生駒はどうなるのか。興味はほとんどここで...
『甲鉄城』