雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

甘々と稲妻 第2話「豚汁とみせあかり」 簡略感想

2016.07.13 (Wed)
誰かと一緒なら
公式より恵でおいしいごはんを食べた犬塚は、これからは
自分でおいしいごはんを作ると決心する。教え子の小鳥に
料理を教えてあげると言われ、すっかり乗り気になってしまったつむぎに
困ってしまう。
一度、ご両親に相談してからと、挨拶のため恵を訪れるが
小鳥のお母さんは不在で、制服姿の小鳥だけが、犬塚たちを待っていた……。
犬塚は、仕方なく、小鳥のお母さんが書いたレシピに沿って
慣れない手つきで料理を始める。


原作での少し気まずい空気を失くしていって
自然と料理を行う流れに組み立てていると感じました。
ただ小鳥の食いしん坊さが少ないような
授業中のパン食いも別カットになっていたので
「何かしたら食ってるこの子」感は今後出てくるといいなぁ

保坂先生が意外と若いというか髪が黒いとは
つむぎの絵も原作より分かりやすく、冷凍食品も
ベジタブルからコロッケになっていたりしました。

犬塚と小鳥が料理を一緒にすることになったことで
物語は始まります。次からはどのストーリーを
描くのか楽しみです

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第2話 豚汁とみせあかり 私と一緒にご飯を作って食べませんか。小鳥のいきなりの申し出に困ってしまう。生徒と教師の立場を意識する犬塚だった。つむぎは、すっかりその気だが保留する。母は不在でお店も休みがち、調理してお店を開けたい。 朝食を作りお弁当もご飯から炊いた。昨夜の宣言から頑張っていた、素材の美味しさが味わえる料理だった。飯田小鳥を調べる犬塚。昔は生徒と遊びに行ったり、食事をご馳走になった...
『豚汁とみせあかり』