雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 第五話「剣鬼、殺無生」 簡略感想 

2016.08.06 (Sat)
対峙する強者
旅の行く手を阻む殺に対し、自らの命を懸けて
戦いを挑むと意気込む捲と、勝算のある策を講じる
まで待てと諭す凜。そしてどちらにも同意できない殤。
迴靈笛を巡る方針は各々に違う思惑を懐かせる。
一方、七罪塔では、蔑率いる玄鬼宗が動き始めていた。
公式より

殺無生会議からの
殤不患と殺無生の飲み会と言う名の殺しあい
そして凜雪鴉の提案によって殺無生が同行
という感じでした。

殤不患と殺無生の話をしながらの両者ともに切ることを
考えながらという達人同志の戦いが実行されるのかと思いきや
凜雪鴉の乱入、目的を達成したら首をやるという提案で
問題を解決
その時に凜雪鴉が逃走する結果が見えるのだが・・

会議ではいろいろと粋がっていた面々は
次に同行することになって驚くだろうし
不仲になるかも?

とにかく強い味方を経た彼らに
敵はどう打って出るだろうか

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

もしかして西遊?西友とか声優じゃないでしょうね。この国(東離)にやってきて間もないから事情に疎い、と言うのは本当だった。素直じゃないけど義理堅い。男のツンデレがこんなに格好良いなんて。  殺無生対策会議職業は殺し屋で裏の世界では随一の腕前。この時点でどうすりゃ良いんだって感じですね。鬼鳥を殺したい奴を集めたら行列ができる。ほんと何してきたって感じですね、鬼鳥。 怨恨が理由だけに交渉...