雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

「ダンガンロンパ3 -The End of 希望ケ峰学園- 絶望編」 6話 簡略感想

2016.08.19 (Fri)
06「絶望的に運命的な出会い」
希望ヶ峰学園は、長い間ある研究を続けていた。
それは、人類の希望となる真の天才、「超高校級の希望」を
研究・育成する研究だった。その名も「カムクライズルプロジェクト」。
被検者となった日向創は、カムクライズルとしてついに目覚める。
実験の存在を知った雪染だったが、江ノ島もまたカムクラの存在を知り
公式より

これこそが運命だと感じる。 ほぼ江ノ島に乗っ取られた回でした。
そして雪染たちがカムクラについて知り
江ノ島もまたカムクラを知り、会いにいくことになる

カムクラは完全に人間らしさをなくしていた。
だが、能力はすでに覚醒していた。
すべてが無意味になった彼に江ノ島が
投げかけたのは絶望だった。
絶望は未知。想像できないからこその
いいものだと。

江ノ島が最後に会ったのは本物の御手洗
彼にあった彼女はまた運命を感じるのだった。

江ノ島の絶望の考え方が明らかになった回
まぁやっぱり謎の説得力があるよね。彼女の言葉は
カムクラの様相は未来編からでは分からない
彼の得体の知れなさだけでも描いたのではないでしょうか

運命という言葉で江ノ島は御手洗を出会う。
御手洗のアニメが絶望につながってしまうのだろうか
それなら彼が原因の一端になるのだろうか・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第6話 絶望的に運命的な出会い 超高校級の希望を人工的に制作するカムクラ・プロジェクト。前回は被験者の人格が残っていたので失敗した。今回は人格を削除したので成功するはず。数々の能力を詰め込んだので、創設者の名前、神座出流を 今日から名乗り給え。 七海は日向と明日会おうと約束したので校門で待っているが会えない。雪染には元気だったかと確認したが真実は告げられなかった。 新校舎に引っ越し準備が始ま...