雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 第8話 「掠風竊塵」 簡略感想

2016.08.27 (Sat)
全てはその男から
殤の機転により一足飛びに七罪塔へ侵入した殤、丹翡、凜の三名。
しかし、全てお見通しとばかりに眼前に現れる蔑天骸と玄鬼宗。
兄の仇と激昂する丹翡に対し、一騎打ちを提案する蔑天骸。
凜や玄鬼宗が静観する中、丹翡の剣技が冴え渡る。
公式より

全ては凜雪鴉の手の平だった?
彼の正体は泥棒。
彼は蔑天骸にとりいり、鍔を差し出し
信用を得てからことを起こそうと考えていた。

泥棒だったからいまいち信用がなかったんですね。
そんな彼がつれてきた殤不患は
他の人からすれば、「こいつも何かしら胡散臭いものを持っている」
と思われるもの仕方ないのか・・

笛いらずに塔に入れたものの凜雪鴉の策により
蔑天骸に捕えれた殤不患と丹翡
狩雲霄たちが合流したもののこれからも
凜雪鴉が場をかき乱すのでしょうが
彼が協力したのは奪うためなら
丹翡のところに戻ることはないのかなぁ・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

知ってます、そして誰よそれ。公式サイトに最初から書いてありましたからね。むしろ「鬼鳥」って名前を知ったのが後、だから偽名だってバレバレ。でも問題は通り名の掠風竊塵(リョウフウセツジン)の方だったと。 此処から先は、一人で進む!迴靈笛無いのに迷宮どうするの、という問いに対して「別の道を探す」と頑なな殤不患。俺ばっかり無茶させやがって!やっぱそう思ってたのか。 ところがこれみんなわざとそうしてい...