雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 第10話 「盗賊の矜持」 簡略感想

2016.09.11 (Sun)
彼の矜持
殺意を持って対峙する殤に語られる凜の真意。
不本意ながらも天刑劍を取り返すためには、凜と手を
組む必要があると理解する殤。蔑天骸との交渉は成立し
形勢は大きく動き出す。掠風竊塵は天地の理さえも欺いて奇計妙策を巡らせる。
公式より

凜雪鴉という盗賊の矜持
強きもの、賢いと思っている者をだますのが面白い
それが大好きで、人生の娯楽であった。
蔑天骸はうってつけであった。
殤不患を引き入れたのは後二人が信頼できていなかったから
どこかで裏切られる恐れを殤不患という不安要素をいれることで
視線を彼に向けさせる目的のためであった。
凜雪鴉と蔑天骸の交渉は成立
そして外界での引き渡しの際に
柄を盗み出す。
そのために再度協力することになった殤不患を
凜雪鴉そっくりに変化させる(とても便利)
そして二人の凜雪鴉で実行に移すのだが
蔑天骸とともにするのは殤不患のほうだった。

これは後がとても不安です・・
凜雪鴉の生き方がよくわかる回でした
それと同時に得体のしれない感満載でした。
どことなく真実は帯びているけど、のらりくらりしていそうな
最後の殤不患も裏切ろうとすればできますし・・
さて、どうなることやら
あとあの二人は行動を起こすのだろうか

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

人のプライド打ち砕くのおもしれー。凜雪鴉に取って人生は娯楽、人を騙くらかすのが大好き。丹翡みたいな素直な奴は物足りない。自分が強くて賢いと思っている奴ほど騙し甲斐がある。つまり蔑天骸は最高のターゲット。 前回のラストで対峙した殤不患と凜雪鴉。良くも騙したな!と殤不患の怒りが爆発…しません。またも手を組むように誘ってくる凜雪鴉。  私を斬れば天刑劍は蔑天骸のもの。隠して...