雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

DRIFTERS 第一幕 「FIGHT SONG」 簡略感想

2016.10.08 (Sat)
集まったお三方
時は1600年、関ヶ原・烏頭坂。西軍劣勢で退路を断たれた
戦国武将・島津豊久は、伯父・島津義弘を薩摩へ戻すため
“捨てがまり”で敵の大将・井伊直政の首を狙う。捨て身の戦法で
見事直政に一矢報いるも、首を取るまでには至らず瀕死の重傷を負った豊久。
満身創痍で山中を彷徨っていると、突如、奇妙な空間に足を踏み入れる。
事務机に座る謎の男、紫が書類にサインをすると豊久は否応なく扉の向こうの
異世界へと送り込まれるのだった。 かの地で目を覚ました豊久は驚愕する。
そこには死んだはずの英傑・織田信長、そして古の武者、那須与一がいた!
公式より

原作開始から数年
こんなに早くアニメ化するとは思っていませんでした。
だってまだ5巻ですよ・・・
それでもやはり面白い一話でした。

原作にはない要素は動きの補完
福島正則の出番などで
原作での印象的だったシーンはアニメでも再現されていました。
ギャグシーンも違和感なく挿入されていたと思います。

老人二人のシーンはカットされ
変わりに黒王の軍側が描写され、何が襲ってくるのかが
わかりやすくなっていたもかなと思います。

三人が集まり、何が起きるのかは次回へ。
お気に入りのサン・ジェルミのキャストさんも公開されて
楽しみが増えた一話でした

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第一幕 FIGHT SONG 関が原の戦い、西軍は敗走を始め勝敗は決していた。しかし一人後退せずに戦う島津豊久。彼の討伐に井伊直政が出陣する。己が身を捨てて一矢報う島津。満身創痍で森を彷徨うと、不思議な空間に入り込む。紫が書類にサインをすると扉から異世界に移動する島津。 瀕死の島津を発見する異世界の民。彼はドリフターズだと確信して運ぶ。そこで那須与一、織田信長が手当をしてくれる。目覚めて二人...
井伊直政だけじゃなく福島正則も出た。冒頭のシーンが追加されて、あとはOVA前半とほぼ同じ内容ですね。良かったのは「副音声ではオルテ語を日本語でお送りしています」という所。気になって副音声に切り替えると、 ホントに日本語で話している。 首を置いてけーーー!関ヶ原の戦いで敗戦した西軍の薩摩・島津勢。しかしこのまま逃げるのでは面目が立たんと一矢を報いることを決断。敵の一番攻撃が激しい所に突っ込め!...