雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

DRIFTERS 第三幕 「俺軍 暁の出撃」 簡略感想

2016.10.22 (Sat)
戦争勃発
十月機関の長・安倍晴明は黒王軍の侵攻を止めるため
ローマを震撼させた天才戦術家・ハンニバルとそれに対抗した
軍人・スキピオという因縁深い二人へ軍権を譲るよう
カルネアデスの兵を説得していた。しかし世界の異物である
漂流者たちを受け入れるはずもなく、黒王率いる圧倒的な数の人
ならざるものの軍、そして超人的な能力をもった廃棄物・ジャンヌ
アナスタシア、土方歳三たちの手によりカルネアデス要塞は
落ちようとしていた。撤退を余儀なくされる晴明たちの上空に紫電改が舞う。

公式より



原作一巻は終了。
オリジナルとしてはジルドレの攻撃
菅野直の回想シーンが詳しく描写されていたところだと思います。
あと信長の眼帯だったり、十月の読みが「じゅうがつ」だったり(とおつき、またはとつき)
だと思っていましたし、キッドの射撃シーンや様々な細かい戦闘描写
特に土方の攻撃も分かりやすく追加表現されていたと思います。

そしてキャラクターの大半が出てました。
菅野の「バカヤロウ」、ハンニバルの「ゼロじゃないさ」
と言ったかっこいいセリフも聞けましたし
国王軍の統制のとれた戦術という
まとまりのないこちらとは対照的な状況も見せたと思います。

しばらくは島津達のターンですが
彼らとの絡みのまた楽しみです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

豊久達の出番殆ど無し。全く無いかと思ったらCパートで出ましたね、良かった。今回は十月機関(オクト)、黒王率いる廃棄物集団、そして他の漂流者がメインです。 進撃の黒王軍。廃棄物とモンスター連れて北壁に襲いかかってきた。 土方歳三…新選組をスタンドみたく出す。ジャンヌ・ダルク…炎を出す、本人火刑にされたのに。アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ&helli...
第3幕 俺軍 暁の出撃 北壁カルネアデスに迫る黒王軍。十月機関の安倍晴明はカフェトと合流、二人の老人の元に急ぐ。ハンニバルとスキピオを迎えに行く。ドリフターズの彼らならなんとか対抗できる。今のままでは2日と保てない。しかし彼らを知らない帝国軍は指揮権を渡せと言われても信用できない。 廃棄物の黒王軍が迫る。ドラゴンを利用して航空支援も行う。土方歳三、ジャンヌ・ダルク、アナスタシア・ニコラエヴナ...