雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

船を編む 第二話「逢着」 簡略感想

2016.10.22 (Sat)
期待と不安
辞書編集部へ異動になった馬締は、
荒木や監修の松本先生の辞書作りへの情熱を知ることになる。

編纂途中の中型辞書・『大渡海』への想い、
そしてなぜ新しい辞書を作り続けるのか......。
そんな馬締は、彼らの期待に答えることができるのか......
という不安に襲われていた。

しかし、下宿先の大家・タケさんは言う。
「頼ったり頼られたりすればいいと思うよ」 そんな満月の夜。
下宿先のベランダで、馬締は美しい女性と遭遇する―――。

公式より

営業での彼を知らないですが
新しい部署
そしてそこには熱意ある上司
辞書と言う言葉をつかさどる者を作るという責任

いままでにない経験が彼を包み込もうとしているとき
かけられる温かい言葉、そして一人の美しい女性に出会うのだった。

辞書がいかなる意味を持つのか
そして作られるのにどれだけの作業が必要になるのか
煙で表現されていた部分は、そこには言葉と言う言葉が立ち込めている
場所なのだという感じなのでしょうか。

馬締は周りの人からいろんなことを伝えられますが
最後の女性との触れ合いがこれから大きい部分になっていくのでしょうか。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック