雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- 第1~3話 簡略感想

2016.10.24 (Mon)
小さな小さな“違和感”
我聞悠太は高校2年生。
一攫千金狙いのオカルト板まとめ系アフィブログ“キリキリバサラ”を運営し、
世に数多存在する超常現象を科学的に「バッサリと斬り斬りしちゃう!」べく
日夜オカルトに挑んでいた。
ところが、そんな彼のブログをきっかけに、徹底的にマニアックでおかしな同志たちが大集結。
出会うはずのなかった彼らの運命が不思議と交差してしまう。
そして、彼らの周囲で巻き起こり始める、小さな小さな“違和感”の数々。
それらは次第に大きなうねりとなり、
やがて想像を絶する大事件へと発展していく──
公式より

原作興味あったので、原作読もうかと思っていたら
まだ2巻しか出ていなかったのと、3話で一気に面白くなったので
感想を

オカルトよりなので科学的な感じはないようですが
時系列をバラバラにどこがどうつながるのか
そして各キャラが何を思って行動しているのか
最後に全てつながるのか否か・・
それが楽しみになっています。

次回から話が進みそうな感じがしますので楽しみです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第3話 妄想だったのだろうか 公園で浮浪者をスケッチする西園梨々花。彼女に声を掛ける森塚駿。西園が描いた同人誌の3話目が気になっていた。その同人誌とは、暗い水の底で。橋上教授殺害事件と告示した部分が描かれていた。内容は夢で見たと西園が答える。絵にはCODEと事件と一致する符号が描かれていた。 橋上サライと話す森塚駿。父がオカルトに傾倒してからは疎遠となった。ニコラ・テスラの超理論を解明するは...