雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

DRIFTERS 第四幕 「アクティブハート」簡略感想

2016.10.30 (Sun)
ゼロから始まる国取り
導師オルミーヌは監視していた豊久たち三人に捕らえられ詰問される。
廃棄物の脅威とそれに抗戦してほしいことを求めるオルミーヌだが
軍権が握れない以上廃棄物に対抗できないことを信長に指摘され
逆に豊久を頭目に行う自分達の国盗りに加担しろと迫られる。
一方、謀士ラスプーチンに支えられ行軍を進める黒王は、傷ついた亜人兵を
奇跡の力で治療し、一握りの麦を無限に増殖させ兵站を生み出す。常識を
覆す脅威の軍隊には、その身を置きながらも自らを廃棄物とも漂流者とも決めない
九郎判官義経の姿があった。
公式より

2巻の13話途中まででした
オリジナルは菅野たちのあの戦いの後を少し描いたところはオリジナルでした。
次出る時に菅野はすごい状況になってましたからね。

国王の思想と行動を描き
一方で十月機関の仕組みと問題点を信長が指摘

信長の領主としての資質
豊久の人を引っ張る資質
そして国王がもたらす災厄
これらが描かれながらエルフを中心として、この世界で彼らが
この事態をどう覆していくのか。
次の戦闘描写をどう描くのかとても楽しみです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第四幕 アクティブハート 信長たちに捕まり拘束されたオルミーヌ。ドリフターズと廃棄物、ENDSがこの世界に出現した。ENDSは人ではない全ての物を憎んで人を滅ぼす。EDNSを倒す力を貸して欲しい。しかし十月機関に兵力はない。領主が余所者に指揮権を渡すことはない。ドリフターズがENDSに対抗するには兵力を手に入れるしかない。国盗り以外に手段はない、手を貸せとおっぱいメガネことオルミーヌに迫る。...
何がドリフよ!私の廃棄物に遠く及ばない!って格好付けたけど紫居ない。EASY…紫が好きなんじゃね?随分大掛かりなツンデレですね。  オルミーヌ縛られている。お前の言っていることはサッパリ分からん。要するにこの世界には地球から漂流者と廃棄物がやってくる。十月機関は来た奴がどっちか見極めて、漂流者なら協力要請。世界を廃棄物から救うため。何しろ廃棄物は話が通じない。&nbs...