雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

船を編む 第三話「恋」 簡略感想

2016.10.30 (Sun)
人は関わる。どう生きても
馬締が、タケの孫娘・香具矢に恋をしたことが発覚。
そこで辞書編集部の一同は、香具矢が板前修業をしている店を訪れることに。
西岡の雑談にも程よく答えながら、真剣に料理と向き合う香具矢に見惚れる馬締。
彼女もまた、辞書作りと同じ長く困難な道を極めようとしているのだ。
帰り道、西岡と馬締は語る。馬締は、場を作るのがうまい西岡を尊敬していた。
そんな馬締を変な奴だ...と呆れる西岡は、これから面白くなるかもな...という期待も感じていた。
しかしそんなさなか、西岡は『大渡海中止』という噂を耳にしてしまう―――。
公式より

あらすじがほとんど説明しちゃっていますが・・
馬締の純粋すぎる部分が、西岡を通して描かれながらも
それが悪い方向ではなく、純粋だからこそ人を魅力させるものになっているのが
幸運でもあり、彼の人となりを表わすものとなっているのではないかと思います。
香具矢の登場したものの、どちらかというと西岡が描かれたように思えました。
空気をうまく感じ取りながらも、明るいというより気楽に近い人ながらも
しっかりと状況は見る、見れる人物なんだなと思えました。
一話を見るとチャラチャラしているだけではないと感じてはいましたが。

少しづつ、動くだろうと思った話が一気に窮地に
現実的な話をどう解決するのか
次回が楽しみです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック