雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

船を編む 第四話「漸進」 簡略感想

2016.11.04 (Fri)
ピンチはチャンスに?
社内で噂される『大渡海中止』の動きを阻止すべく
辞書編集部は西岡発案の大胆な策を実行する。
一丸となって奔走する一同。そんななか西岡は
今までにない生き生きした表情を浮かべていた―――。
数ヶ月後。久しぶりに休日を取った馬締は
タケの後押しもあり香具矢と二人で出かけることに。
二人は観覧車に乗り、東京の街を見渡した。そして
料理への情熱を語る香具矢。
感動した馬締も、自分なりに想いを伝えようとするのだが......。
その夜。馬締は香具矢へ想いを伝えるべく
手紙を書き始めた―――。
公式より

西岡の有能さがまじましと描かれ
はじめはふまじめだった彼の顔が生き生きとしていくさまが
見てとれる話でした。
その分、馬締は少し影が薄かった気もしますが
西岡の話に出てきたように、彼の取り組む姿が周りに影響を与えるものなんだと
感じました。
また香具矢との仲も少しづつ・・
最後のあれは、彼女を見えなくさせるほど、伝えたい言葉が多いってことなのかなぁと
思いました。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック