雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

船を編む第六話「共振」簡略感想

2016.11.18 (Fri)
自分ができること。
恋文を渡した翌朝、香具矢に遭遇した馬締は思わず逃げ出してしまった......。

その日の昼、今後の対策について話しあう編集部員たち。そこで、西岡が
自身の異動を告白する。衝撃を受ける一同。
西岡さんが......と呆然となる馬締は、不安に襲われつつ帰宅するのだった。

その夜、恋文の返事を香具矢に迫る馬締。絶対今日中に聞けと西岡から助言を受けていたのだ。
しかし、動揺した香具矢は部屋に戻ってしまった。振られた......と肩を落とす馬締。
しかし、恋文の文面を再確認してきたという香具矢は、馬締へ想いを告げる。

「私も、好きです」―――。

公式より

もうあらすじが全てです。
物語としては馬締が周りの状況が動いていく中で
自分の決意を決めていくような印象でした。

そのためか人の動きがとても細かく表現されていたと思います。
西岡の手の握る感じとか香具矢さんの動作の一つ一つが
丁寧で。
「蟲師」を思い出させるような細かい絵でした。


最後の最後、佐々木のかわいい感じ言い方にやられました。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック