雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

船を編む 第七話「信頼」簡略感想

2016.11.25 (Fri)
互いを思う。
学教授から上がってきた原稿に問題が見つかり、西岡と馬締は修正案を作成する。
そのなかで馬締は、大渡海には西岡が必要だと改めて感じる。
そんな馬締に、西岡は力強く語る。たとえ離れても、お前をフォローし続けると―――。
数日後。修正に激怒した教授から連絡が入り、西岡は一人謝罪に向かう。露骨に不機嫌な態度をとる教授。
しかし西岡は機転をきかせ、教授に今後の協力を約束させる。大学を後にした西岡は、
晴れやかな表情で新たな道を歩き出した。
そして馬締も、新たな決意を胸に一人作業を続けていた―――。
公式より

タイトルに嘘なし。
そんなことを思わせてくれる話でした。
最後に馬締がこの言葉を作業しているのが憎いですね。

西岡と馬締の信頼が描かれつつも
一番乗り気ではなかった西岡が辞書作りに誇りを持って
挑んでいるみんなを思うシーンはジーンときました。
なんでもやると決めたけれども、それでも関わるみんなを
下げる真似だけはしない。
馬締が表にでないからこそ、彼が際立つのですかね。
大学のところで馬締がつけてくるのかと思っていました・・

次回は西岡が去った後に新しい人が来るようで
今度は馬締が支えていくのでしょうか・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック