雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

船を編む 第九話「血潮」 簡略感想

2016.12.09 (Fri)
文字の海
新たなスタートを切った岸辺は、松本や馬締との交流のなかで
『言葉』や『辞書』についてより理解を深めていく。
そんななか総仕上げの作業が始まり、並行して『大渡海』専用の
紙の開発も続けられていた。
来る日も来る日も机に向かい、黙々と作業をする一同。
そして季節は移り変わっていく―――。
約一年が経過し、とうとう紙が完成した。
そして同時に、営業や宣伝といった他部署との打ち合わせも重ね、日に日に大渡海の完成に近づいてく。
そんなある日、重大なミスが発覚してしまう―――。

タイトルの如く
馬締を中心としていた辞書作りは佳境に
その中にあった西岡のお茶目な感じや
岸辺が現場に慣れていく様が気持ちよく描かれていたと思います。
なれないこともやるようになった馬締
それをしっかりと支えてくれる西岡は影の主人公ですよ。

最後に起きた文字の漏れ
あそこの表現はゾっと来ました。
辞書を作り、文字を知ってきたであろう彼でも
膨大な文字の海の中にまだいるのだと
再認識させてくれるような感覚でした

コメント


管理者のみに表示

トラックバック