雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

クズの本懐 第8話 「Sweet Refrain」簡略感想

2017.03.03 (Fri)
そして一歩踏み出す
夏休みに入り、花火と麦は宿題が終わったら
それぞれ好きな人に告白しようと決心する。
互いを好きな人の「代わり」にできないことを自覚し始めた頃
ついに告白の日がやってくる。
 クズの本懐公式サイトより

告白を決意して実行する回となりました。
花火のほうはただただ切ない形にはなりましたが
こちらサイドはある意味でこうなることは分かっていた感じですが
好きという感情を、それにどう折り合いをつけるのか
それが大切だったのかな
前回で最可がそうだったように

一方で麦は今までと違いかなり
感情を吐き出した気がします。
こちらも難しいけど花火ほどではない・・と思う。
ただ相手が相手である
憧れと一体となっている時彼は何も考えていないだろうなぁ・・

早苗と篤也の話は性別の壁はどうなるのかでした。
二人が本格的に関わるのは次回からかな

もやもやとしたものを吐き出し
それはひと夏の花火のように咲き消えた
そこに残ったものはなんだったのでしょう。
次回が楽しみです。

お菓子食べてる花火が妙に気に入りました・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第8話 Sweet Refrain 夏休みの宿題が多い、麦と2人で頑張る花火。絵鳩は予備校通いで準備万端。宿題が終わったら告白すると宣言する麦。私もとノリと勢いの花火。 絵鳩早苗と同じ予備校に通うために隣町から訪れた篤也。絵鳩の従兄弟で告白されて断ったが今も好きらしい。諦めない篤也、好きな相手ができたことも知っている。でも幸せそうじゃないので、上手くいってない。早苗が好きなら俺も好き、変かな...
それぞれがついに告白の時を・・・・