雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Re:CREATORS 第6話 「いのち短し恋せよ乙女」簡略感想

2017.05.14 (Sun)
譲ることのできない思い
新たな被造物の現界を察知したメテオラたち。
しかし、現場に被造物の姿はなく、惨殺死体だけが残っていた。
一方、メテオラたちと同じく被造物を味方に引き入れるため行動していた
まみかとアリステリアは“夜窓鬼録”の築城院真鍳と出会う。彼女を仲間に誘う
まみかだったが、アリステリアは真鍳から血の匂いが漂っているのを感じ取る。
そこへ真鍳を追ってきたセレジアたちが駆けつけ、両者は激突するのだった。
Re:CREATORS公式サイトより


・築城院真鍳の登場
 新たに現れた被造物・築城院真鍳
 彼女はどうやら今までのキャラクターとは違い
 定義系のようで言葉を武器にし、その世界観は現代に近いものでした。
 時代に適合しながら人の死に対して自身の価値観を
 揺るがすことのない、そして事情を知っても戸惑うことのない
 とらえようのないキャラクターのようです。

・真鍳、まみか・アリステリア、セレジア・メテオラの遭遇
 真鍳を勧誘しに来たまみかたちだったが、アリステリアは彼女の不穏さに
 気づき、槍を向けたところでメテオラたちと邂逅。
 互いの譲れないものがあることがわかりながら、アリステリアは
 自身の世界への救い、それの願い、揺るがない精神の元
 その槍をメテオラたちに向ける。
 さらにブリッツ・トーカーも参戦し、そのギミックの含んだ銃で落ち詰められてしまった
 ところを助けたのはまみかだった。

本格的な戦闘でした。やはりアリスは強い。
さらにブリッツ・トーカーは非情さがにじみ出て容赦がない。
サイバーパンクなるジャンルのためか、どう対処できるのか
魔術に干渉できる弾とか・・・
 まみかの最後の行動理由とかよかったですね。
迷う感じになるかなと思ったのですが、魔法少女らしい理由で
みんなを笑顔にしたい、人を助けたいと思う彼女だからこそ
そこは揺るがなかったのかもしれません。
前二人は現実を見てきたから、自分の限界を知っている感じで
だからこそ軍服側って感じでしょうし

一応これで登場人物は一通り出た感じでしょうか
弥勒寺があまりでてないですが、今後でてくるのでしょうね。
颯太が隠してしまったことが今後どう響くのか
彼が間接的にせよ軍服の少女にかかわっていたことをどうするのか
あのセツナとの関係はそんなに浅くはないのでしょうかね・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第6話 いのち短し恋せよ乙女 セレジアが颯太を訪れる。メテオラは菊地原と共に被造物を探している。軍服の姫君より先に発見して説得するつもりらしい。スマホが気に入ったセレジアは颯太とアドレス交換を求める。スマオに何か問題のある様子。 アリステリアは公園で休んでいた。まみかが訪れて会話。アリステリアは自分の世界が悲惨過ぎる、神が居るなら 平和な世界に正したい。そのための理想が同じ者が仲間に欲しい。...
『いのち短し恋せよ乙女 “You are the one who knows where justice lies.”』