雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Re:CREATORS 第9話「花咲く乙女よ穴を掘れ」 簡略感想

2017.06.04 (Sun)
言葉の意味はいつも自分に
アルタイルとの戦いで致命傷を負ったまみかは真鍳に遺言を残し
アリステリアの腕の中でその命を散らす。しかしまみかの最期の言葉は
真鍳によって歪められ、アリステリアの怒りはメテオラへと向けられる。
さらに真鍳は颯太へまみかの死を告げると、「まみかを殺したのはキミだ」と、
彼の心へ追い討ちをかける。颯太を救いにきた弥勒寺とメテオラは真鍳に
敵意を向けるが、そこへアリステリアも現れて──
公式サイトより


・まみかの死と居合わせた真鍳
居合わせた相手が悪かった。よりにもよって真鍳である。
まみかはそんな相手も信じて遺言を頼んでしまう。
これは彼女らしいですね。最後まで人を信じることが今回はあだに
アリスは騙されてしまうのですが、頭に血が上っている状態だったし
真鍳が上手だったと思いましょう
アリスは誰も信じられない中でまみかのことが大事になっていたと
思います。
だって、アルタイル側、信頼とかなさそうですし

・真鍳の目的、心意気それは颯太に
 真鍳は颯太を使って、また混乱を起こそうとする。
 そんな彼女は傷つくことはない。ただそれが楽しいだけ
 真鍳のキャラクターがうまく描かれた分、彼女は理屈で
どうにかなるとは到底思えない不気味さがにじみ出ていました。

・弥勒寺対真鍳、颯太の涙
 颯太への勧誘、揺さぶりは弥勒寺とメテオラの登場で
事なきを得ましたが、颯太の心はボロボロに
信じてくれたまみかが死んでしまったことや真鍳に心を揺さぶられたこと
そんな彼をメテオラは厳しくも導くように言葉を伝えるのでした。
颯太はやっとスタートラインに立ったのかな。みんなに伝える展開になるか否か
真鍳は干渉系からか意外と厄介な存在に
弥勒寺の攻撃は彼女には当たらなくなってしまう。
そんな中でアリスもその場に現れ、メテオラに敵意を受けるのでした。
真鍳さん強い。というより厄介。それでも作者に向ける言葉やほかの敵意を
向けるところは少しぞっとしますね。

真鍳回となりました。彼女の表情が豊かに描かれていました。
基本笑顔なんだけど、不気味さを隠さない、にじみ出ていて
時にかっこいいそんな彼女でした。

まみかの死は真鍳によって混乱を招くことに
それはそれぞれの心に傷を残すことになった。
だがまみかが死んだことで、作品自体は影響がないのか
などは次回で明らかになるだろうか。
そしてアリスはまだ誰かの操り人形でいてしまうのか

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第9話 花咲く乙女よ穴を掘れ アリステリアに真実を伝えようと重症のまみかが飛翔する。しかし魔力も尽きて落下したまみかの第1発見者は真鑒だった。アルタイルを世界を破壊するものだから止めて。メテオラの言うことは正しかった。まみかがアリステリアに看取られる。詳細は真鑒に聞いて欲しいと言い残して。アルタイル、メテオラ、彼女を止めたかったと 情報を抑制してアリステリアを誘導する。完全にメテオラが犯人だ...
アニメ Re:CREATORS 第9話 花咲く乙女よ穴を掘れ 創りたい「正しさ」を求めて 自分に何が出来るのか 問い続ける事 迫られる選択と覚悟と向き合い続ける事 それが―