雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Fate/Apocrypha 第1話「外典:聖杯大戦」 簡略感想

2017.07.02 (Sun)
開幕
「冬木」の大聖杯が強奪され「聖杯戦争」のシステムが崩壊し数十年後―。
フリーランスの死霊魔術師である獅子劫界離は魔術協会に呼び出され、
ある「聖杯戦争」への参加を依頼される。
それは、かつて奪われた大聖杯を巡り、
二つの陣営に分かれ七騎対七騎が争う空前絶後の「聖杯大戦」であった。
獅子劫は触媒となる“円卓の欠片”を手に、戦いの舞台であるルーマニアの地へ赴く。
公式サイトより


ついに始まった聖杯大戦
原作は持っているけど未読なので読みながら見てみます。
グランドオーダーや多作品を知っているので、ドキドキは薄いですが
あちらにはない思惑がにじみ、シリアスな殺し合い、戦いが見れることを
楽しみにしています。

一話では世界観の説明と召喚まででした。
ほかのものと大きく違うのは、陣営による戦いということ
共闘はあれど、最初から同じ陣営として戦うのはとても見ていて
新鮮です。
本来は互いを殺しあうことが主ですから。
大きく設定をしっかりと書いてくれたと思います。

来週から本格的に外典の世界になるのだと思います。
私個人的に早く圧制が見たいです

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第1話 外典:聖杯大戦 赤と黒のセイバー対決、互いの宝具で一騎打ち。黒のセイバーが消失。 倫敦、時計塔を獅子劫界離が訪れる。ロッコ教授に呼ばれて赤陣営のマスターを求められる。冬木市の第3次聖杯戦争でドイツ軍を巻き込んだ陣営が居た。その勝者がドイツ軍をも裏切って逃走、聖杯も行方不明。その後は聖杯戦争が各地に拡散して亜種聖杯戦争が繰り広げられている。 ある日、ルーマニアのユグドミレニア家が冬木市...