FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメの感想をすごく簡略して書いています
雨男は今日も雨に TOP  >  2017 Re:CREATORS >  Re:CREATORS 第21話「世界は二人のために」 簡略感想

Re:CREATORS 第21話「世界は二人のために」 簡略感想

彼らが綴り続ける物語

「エリミネーション・チャンバー・フェス」の成功で幕を閉じた一連の事件。
戦いを終えた被造物たちは物語世界へ帰還する準備が整うまでの間、現実を満喫していた。
そして迎えた別れの日。それぞれの思いを胸に、自分がいるべき場所へと
帰っていく被造物たち。彼らを見送った創造主たちは、新たな物語を創造していく──
公式サイトより

来てしまう別れの時
創造主と被造物との別れの言葉が交わされていく。
どこまでも明るい鹿屋
自分の道を貫いた弥勒寺たち
後発ながらも素直で恋する乙女だったひかゆ
作者としての矜持を全うする、それをしっかりと見たブリッツ
だが、術式のせいでメテオラは帰れなかった。自分をつかんでは投げれない。
メテオラはこの世界で自身も創造主になってみてみたいと感じていた。
創造主に触れてきた彼女だからこその願いだろう。
そして菊地原も今の職を辞め、出版の世界へ
高良田はアリスの言葉をしっかりと受け止めていた。
松原もセレジアにそれを感じていた。
ほかの創造主のものづくりへの決意を新たにした。

颯太もモノづくりを再開していた。
その決意は今までとは違う。
メテオラからの連絡を受け、彼が提案したタイトル
それは「Re:CREATORS」だった。

僕は好きな終わり方でした。
メテオラが最後に残ったのはある意味で納得でした
たぶん真鍳も残ったと思います。
メテオラは原作の完結、真鍳は作者死亡(殺害したよね?)なので
ほかの人たちはどうなったか、それは創造主に託されてしまったわけで
松原たちは大きな重きと思いを受け取った
でも、モノづくりではそれが面白いのかもしれないですね

全体の感想として
モノづくりとはどんなことが必要なのか、それが描かれていたと思います。
最終回のアルタイルに勝てなかったけどモノづくりをやめない
そして颯太のどんなことがあっても作りづつけること
それが大切であると思わせてくれました。
そしてモノづくりはどこまでも自分との、そして見てくれる人がいてくれるからこそ
でも、見てもらうには作らないと
だからこそ、何かを作ってみたいと思わせてくれる作品でした。
[ 2017/09/17 19:00 ] 2017 Re:CREATORS | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Re:CREATORS BS11(9/16)#22終
最終回 第22話 Re:CREATORS アルタイルはシマザキセツナと異世界で物語を創造する。 優夜たちは引き立て役として終わる。 チャンバーフェスも成功のうちに幕を閉じた。 菊地原とメテオラは握手して抱きしめる。 颯太を褒めて退席する松原、セレジアの消滅には自責の念に駆られていた。 メテオラもまりねも、終わっていない。 彼女との約束を守って物語を続ければ良い。 お好み焼き屋で集結した7人。...
[2017/09/17 19:25] ぬる~くまったりと
Re:CREATORS #22 最終回
『Re:CREATORS』
[2017/09/18 12:35] ぐ~たらにっき
プロフィール

雨男(年中)

Author:雨男(年中)
性別・男

アニメ感想を主にしております。気軽にコメントなどください。

趣味、blog概要

面白かったらぜひクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


画像はUN-GO公式より

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -