FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第08話  簡略感想

2018.03.02 (Fri)
美しいと思ったから
公式サイト

描かれたヴァイオレットとギルベルトの出会い、過去
少佐の死を知ったヴァイオレットは様々な場所を放浪し
ギルベルトの家にたどり着く。
そこでも見たのは、少佐の墓だった。

少佐との過去
それは戦う道具としてしか見られなかったヴァイオレットが
少しづつ人間のとしての知識、言葉などを知っていった。
そしてある時、ヴァイオレットに少佐がプレゼントした宝石
それは少佐の目が美しいを感じたから選んだものだった。
ヴァイオレットを思う少佐は彼女がこんなところにいるべきではないと
思いながらも戦地へと赴く。
そしてそこで少佐は銃で撃たれるのだった。

まさか回想中に終わってしまうとは
ヴァイオレットが人らしくなっていきながら
そんな美しいと感じる彼女を戦地に出さなくてはならない状況に
顔をゆがませる少佐が描かれていました。

ヴァイオレットは過去では表情がほとんど変わらないのに
現在パートでは表情がはっきりとわかるようになったのが
彼女の変化として見える部分でした。

少佐があの後どうなったのか
ヴァイオレットは墓を見て何を思うのか
次回もきつそうな回になりそうです

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

最初ロボットかと思っていたヴァイオレット。実は両腕義手の人間と知ってちょっと拍子抜け。感情希薄だけれど人の子なんじゃないか。そう思っていたら少佐と出会った頃のヴァイオレットは野獣そのもの。言葉を喋らず、攻撃的で警戒心バリバリ。この話もっと早くやっても良かった気がします。ただ一点。野生児にしては美しすぎるのが凄い違和感ありますが。 あと凶暴なのはともかく武器を含めた戦闘能力が異常なの...
第8話  少佐の死をホッジンズに確かめたヴァイオレット。その足で少佐の兄、ディートフリート海軍大佐に面会して確認する。知らなかったのか。その足でかつて少佐と暮らした屋敷を訪れる。そこで少佐の墓に案内される。 兄が北東戦域で拾ったヴァイオレットをギルベルトに委ねた。海軍から陸軍への移動は手続き済み。武器として扱え、名前はない。屋敷に連れ帰り、風呂と着替えを依頼する。まるで野...