雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第9話「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」簡略感想

2018.03.09 (Fri)
刻んだ過去
描き出す未来
公式サイト

過去
少佐が撃たれ、助けるために己も腕を負傷してしまう
ギルベルトはそんなヴァイオレットに向かって言葉をかけるのだった。
現在
ヴァイオレットが向かった先は少佐が撃たれ、別れた場所だった。
そこにクラウディアも現れ、ヴァイオレットを連れて帰る。
意気消沈してしまったヴァイオレットを心配するカトレアたち。
精神的に追い込まれたヴァイオレットはギルベルトの兄にかけられた言葉に
苦悩し続け、自暴自棄になりかける。
そんな彼女のもとへ来たのはエリカとアイリスがヴァイオレットに向けて書いた手紙だった。
初めて持った手紙にヴァイオレットは手紙をもらう、その大切さ、尊さを感じ取るのだった。
さらにスペンサーの兄から代筆をどうしてもヴァイオレットにしてほしいと依頼していると知り
ヴァイオレットは代筆を行う。
それを終え、ヴァイオレットはクラウディアに問いかける。
自分は手紙を書く、自動手記人形を続けていいのかと
クラウディアはただ過去は消せない、だけどヴァイオレットが手紙もまた何かを残すと
告げるのでした。
外にでると今までかかわった人たちの記事や看板を目にするヴァイオレット
彼女はこれからも自動手記人形を続け、手紙を通じて何かを残していく
そんな自身の決意をもって、彼女は歩み始めました。

最終回のような感じでした。
最後らへんで今まで来た人からが描かれたあたりは本当に
終るのかなと思いました。
この後の話は何を描くのか。
少佐は死んでいると思いたいのですが、記憶を失って手紙のやり取りで思い出して
幾のような展開もあり得そうな気がします。

ヴァイオレットがこれまでしたことは間違いもあったかもしれない。
でも、これから残していけるものはきっと違いものもある。
それは人の心をしっかりと伝える仕事。手紙を書くことで人の心を感じることが
できるようになった彼女があそこにはいたと思いました。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第9話 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 敵が立て籠もる大聖堂の制圧は完了したが少佐が撃たれてしまった。1人では逃げられないと少佐を助けるバイオレット。君は生きて自由になりなさい、心から愛してる。愛ってなんですか、分かりません。本部が陥落するなら資料隠滅の意味も含めて敵は自爆した。それに巻き込まれてヴァイオレットを庇って亡くなったのだった。 大聖堂跡地で少佐を探そうとする...
冒頭の戦闘シーン。少佐とヴァイオレットに何があったのかが分かる所です。ここで頭を抱えました、戦闘シーン酷過ぎて。 まず少佐が撃たれた時スグ反撃しろと。少佐が2発目食らってようやく反撃するも外した。次当てたけれどもう一人の兵士に逃げられた。少佐を担いで逃げよとしたらヴァイオレット撃たれて片腕もげた。更に手榴弾を食らいもう片方の腕も吹っ飛んだ。 以上、ヴァイオレットが両腕失った顛末でし...