FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメの感想をすごく簡略して書いています
雨男は今日も雨に TOP  >  2018 ヴァイオレット・エヴァーガーデン >  ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第11話「もう、誰も死なせたくない」簡略感想

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第11話「もう、誰も死なせたくない」簡略感想

人を思うとき

公式サイト

今回もシンプルなお話でした。
兵士が戦場で故郷に帰ることができず、せめてその手紙・言葉を残すことを
ヴァイオレットが行った。
前回は残すものの強さが描かれた感じでしたが、今回は本当にただただ無念さだけが
奪われたものの苦悩が描かれた感じがします。
ヴァイオレットにとって前回も今回も人の死、失うことを経験しているのですが
前回は少佐を意識した回とすると、今回は自身がやってきたことを改めて認識する話といった
印象でした。

人の死の間際には大切な人を思う。
そんな情景が二話にわたって描かれ、それを人として感じたヴァイオレットには
あの時の少佐の気持ちがわかってきたのではないかと思います。

それにしてもあの幼馴染、すごく田舎っぽさが感じ取れて
戦場と田舎の風景のジャップがまたなんとも言えなさを出していたと思います。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第11話 『もう、誰も死なせたくない』 マリアの胸が気になって話が頭に入らない。
今度の出張先は戦場!ある意味ヴァイオレットにうってつけ。実はホッジンズは断ろうとしたのですが、ヴァイオレット勝手に行っちゃった。問題はかつての敵に遭遇したりしないかってことです。恨まれて襲撃されそう。 戦争が終わったら、内乱が始まるだけさ。誰が言ったのか忘れましたが、そんな状態の国にヴァイオレットが向かいます。パッと見まるで戦場に似つかわしくない今のヴァイオレット。かつて戦場を駆け回っていた...
ヴァイオレット・エヴァーガーデン TokyoMX(3/21)#11
第11話 もう、誰も死なせたくない カトレアとホッジンズが依頼を確認して仕事を割り振っていた。戦場からの依頼は多いが危険なので全て断ってきた。うちのドールは誰も戦場には向かわせない。クトリガル国メナス基地からの依頼も存在した。かつての敵国で、戦争を継続したい者たちの仕業で内戦が勃発中。 仕事終わりのヴァイオレットが偶然にも聞いてしまった。翌朝、依頼のハガキを持って勝手に向...
白い息と赤い血の生む涙――「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」11話感想
 エイダンが浅沼晋太郎なのに全く気付かかった……
[2018/03/23 23:09] Wisp-Blog
プロフィール

雨男(年中)

Author:雨男(年中)
性別・男

アニメ感想を主にしております。気軽にコメントなどください。

趣味、blog概要

面白かったらぜひクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


画像はUN-GO公式より

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31