雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 簡略感想

2018.03.30 (Fri)
託された思いは
公式サイト

今回は手紙というより過去との対峙が明確にでた話でした。
戦争でしか生きられない兵士と戦争の過去にとらわれている彼女

今回はディートフリートが思いを爆発させた回でした。
これまでもヴァイオレットにはいい感情を持っていない彼でしたが
ここまでくるとヴァイオレットを恨んでいるのとはほかに
そうしないと自分が保てなくなるといった感じも意地があるのではないと思います。
本当に死んでほしいなら助けないですし
でも、ヴァイオレットを受けれるほど少佐の死を消化していない。
優しいけれど、行き場のない感情がただヴァイオレットに向かっている感じでした。
でもヴァイオレットも負けなくてもよかった。
それはこれまでの経験と少佐の言葉を確かに信じているからだと思いたい。

それにしても暗いシーンが多かったですね。
次回は最終回?なのかな
明るく締めてほしいですね

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第12話大陸全土での和平調停が行われる。陸軍特部隊は解散したのでとブーゲンビリア海軍大佐が特使の護衛を任される。大陸横断鉄道で調停式に出席するが狙われやすい。 ヴァイオレットはライデンではなく、ディスタリーへ飛行機で向かう。カトレアは公開和平書簡の代筆で特使に同行する。船で移動して鉄道に乗船する。ブーゲンビリア大佐も同船、ヴァイオレットを嘲笑する。彼女の手紙が何人もの人を救ったと抗...
これは…暴走特急。和平交渉に特別列車で向かう特使が居ると。ここに反対派が襲撃をかけてくる。彼らにとって計算外だったのは非番のコック…もといドールが乗っていたから。スティーブン・セガール主演「暴走特急」を髣髴とさせる出だしです。特使にはドールが帯同しているんですが、こちらヴァイオレットじゃなくてカトレア。あとベネディクトも一緒に居ますね。 乗り合わせが期待されたヴァ...