FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

Fate/EXTRA Last Encore【第10話 無限の―――】 簡略感想

2018.04.01 (Sun)
暗闇の果て
ネロは宝具『招き蕩う黄金劇場(アエストゥス・ドムス・アウレア)』を展開し、李書文を討ち破った。
ハクノもデッドフェイスを発現し、ユリウスとの戦いに勝利する。
リンとラニを残し、ハクノとネロは次の階層に向けラダーに乗り込んだ。
第六階層に到着すると、リンに酷似したサーヴァントと巨大なラニが大量に出現する。
このニ組は何故か敵対しているようだった。
戸惑うネロとハクノの前に、第五階層まで共に戦ってきたリンが現れる。
公式サイト

てか次7月かよぉぉ
長いようなそうでないような・・

凛とラニの事情が明らかになった話でした。
「無限の」とはああいった意味だったのですね。
ずっと同じことを繰り返すことはいずれ限界が来る。
憎しみでできたハクノが彼女たちにとっては希望になったのかなと思いました。

次回はついにあの二人。
これまでかなりの変革が起きているキャラクターの中で
一番変わりそうな感じを受けたPV
物語シリーズみたいに一気に放映してくれると嬉しいですね。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第10話 無限の残骸 第6階層のフロアマスターのラニとリン。2人が生き延びるためにマスターを後押ししてきた。かつては敵として戦ってきた二人が協力するのだった。リンが聖杯戦争に参加したのは半政府ゲリラだったから。ハイウェイ・レオを追いかけてきた。23世紀は聖王財閥に管理された世界だった。ラニの参加理由は師の教え、最後の希望だったから。 ハクノはデッド・フェイスだから無数の経...