雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第13話 「自動手記人形と「 愛してる」」簡略感想

2018.04.06 (Fri)
それは思うあなたのために
公式サイト

一人の人形が人間になる物語が終わりました。
ヴァイオレットが感じて、過ごした日々、出会い
そのすべては無駄にならなかったからこその決意
そして少佐への思いを見つけ出すことができた。
そんな物語をしっかりと見せられたと思います。

最初は世界観、ヴァイオレットの設定がわかりづらかった感がありました。
でも、話数が進むにつれて、彼女が確かに変わったのだと感じさせる話でした。
最後の少佐への手紙こそがこの物語で得た彼女のすべてだったと。

10話までは手紙に関するお話で一話完結で王道の話もありながら
演出がとても効果的でぐっとくるときもありました。
後半は戦争、元軍人ということ、彼女自身の過去と対峙するかのような話で
少し毛色が違ったと思います。

最後彼女が笑顔だったのは、誰と会えたのかな?
機会があったら原作も読んでみようと思います

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

最終回 第13話 自動手記人形として「愛してる」 ディートフリート大佐を守ったヴァイオレット。メルクロフ准将の銃弾も義手で防ぐが遂に右腕が破壊されてしまう。特使を狙う准将を阻止するヴァイオレット。少佐のブローチが宙に舞う、ディートフリートがキャッチしてヴァイオレットに投げる。時間切れだ、早く俺を殺しておけば良かったのに。時限爆弾のスイッチを入れる。 汽車を止めようとするヴ...
元々八つ当たりみたいなもの。以前は殺人マシンだったから、今は弟を失った怒りの捌け口にされていただけですからね。 ラストバトルはサクッと終了。ヴァイオレットの手加減に対し最後まで戦いを止めなかったテロリストたち。狂ったように笑う准将が某鬼作さんにそっくり。最後っ屁の橋に爆弾もヴァイオレットがちぎって投げておしまいです。Aパートぐらい使うとかと思ったらその半分くらいで終わっちゃいましたね。そして...
走る列車の上で、ディートフリート(CV:木内秀信)を銃弾から守るヴァイオレット(CV:石川由依)。 片方の義手を破壊されたヴァイオレットですが、メルクロフ准将(CV:廣田行生)から鉄橋に爆弾を仕掛けられたことを聞かされて、爆弾撤去に向かいます。 一つは、様子を見ていたベネディクト(CV:内山昴輝)が蹴りで撤去に成功します。 もう一つはヴァイオレットが撤去に向かいますが、義手...