雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

多田くんは恋をしない第12話「 ……突然、ごめん」簡略感想

2018.06.22 (Fri)
彼女のこと
決死の覚悟で飛行機に乗り、どうにかラルセンブルクへとやってきた多田。
精根尽き果てた体を休め、じっちゃんの知り合いだという人物の元へ向かう。
クリスマスを目前に、美しく飾り付けされた街や、クリスマス市を
抜けてたどり着いた場所は、立派なお城だった。だが、門は固く閉ざされていて、
どこから入っていいのかわからない。あきらめずにまわりをうろうろしていると、
後ろから声をかけられ……。
公式サイト

テレサと苦労の末再刊できた多田を待っていたのはテレサの身分と彼女に待っている未来。
テレサに毅然とした態度でも言葉を聞いた多田。
彼はがっかりしたまま、テレサの元を去ることに。その眼には涙を浮かべながら
そしてテレサもまた落ち込み、一人泣くのでした。

間がうまいなぁと思いながら。
それぞれの気持ちがうまくいかない様を見ているようでした。
アレク、テレサの思いは別の方向にあり、シャルルも悪い人ではないし、責務を全うしようという
思いもある。なにより立場が彼らを自由にはさせないのだろうと。

多田はその中で自由な存在でしたが、その分思いを吐き出すタイミングがなかった
後手に回ってしまった感じですね。

麗子さんの手紙はなんなのか。
そしてテレサと多田に待っているものは
次回最終回。

結婚、即離婚みたいな展開にならないよね・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

第12話 ……突然、ごめん ラルセンブルグに到着した多田、空港のベンチで3時間座りっぱなし。行動しないのでヤキモキする薫。祖父がお土産と手紙を持たせてくれた。この手紙の相手に会うと良い。 住所を頼りにバスで移動。薫は乗り損ねてしまう。 辿り着いた屋敷は豪邸で警備の兵士は何も反応しない。入り方が分からない。薫は適当に移動して観光地に到着。そこでプリンセス・テレサの...