FC2ブログ

雨男は今日も雨に

アニメ、ゲームを中心に感想とかをかる~く書いていこうと思っています。T Bフリーで、相互リンクも募集中です。忙しくなると更新が遅くなったり、感想だけになったり、数話まとめてになったり、TBを返さなくなることがありますので、あしからず。現在は 「DRIFTERS Occultic;Nine 船を編む」などを感想書き予定。他にも見てるのですが・・

ダーリン・イン・ザ・フランキス 「第24話 わたしを離さないで」簡略感想

2018.07.08 (Sun)
いつか必ず
仲間たちと別れたヒロは、VIRMとの最後の決着を付けるため
ストレリチア・アパスとともに宇宙の果てを目指す。
虚無にも等しい真っ暗な宇宙空間をひたすら飛び続ける
――永遠にも思えるその旅路は、やがてヒロの時間の感覚すらも失わせていく。
一方、地球では、イチゴたちが宇宙から戻ってきてからすでに数年が経過していた。
彼らは幾多の苦労を乗り越え、ようやく平穏な日々を送れるようになっていた。
公式サイト

最終回もダリフラらしい展開でした。
まぁ今回はダーリンだけではなく仲間全体の思いを乗せ
二人はVIRMに立ち向かえた。
いつかまた出会えることを望みながら。

地球のイチゴたちは己たちの未来を作り出していた。
それぞれが成し得ることができ、皆が大人になっていた。
自分が思っていたものとは違っていたとしても
彼らは大人になった。

最後にはヒロとゼロツーのような二人がまた出会えることを描いて最後。
二人だと思うのですがね。まぁ生きて帰れなかったけど魂の部分は
帰ってくることができてよかったと思うべきか。

なんとなくVIRMや叫竜人の部分をもっと描いてほしかった感がありますが
描きたいものを描いてたと感じました。
人の気持ちはどんな苦境にも乗り越えることができる。
それが愛だった。そんな話だったと思います。

メインキャラは結構しつこいと思うほど描かれたのですが
個人的にイクノが好きでした。
見た目が好きだったのもあるのですが、自分の気持ちを隠しながらも
頑張っていく姿がとてもいいものでした。
あとはイチゴです。
フラれたけど、じっかりとそのあとはリーダーとして活動できているし
引きづったは引きづったのですが、さっぱりしているのがとてもいい。

全体として謎の多い前半、それが明らかになった中盤
大合戦の後半と見所は多く、キャラクターの個性の在り
人間関係や恋愛を描いた作品だと思います。
だからこそ、少し散らばった印象を受けたりしました。
あと展開が激しい分、ロボットの活躍が減った印象もありました。
それでも全体としてはうまくまとまった最終回でしたし
とても楽しく見ることができた作品でした

たぶん裏設定ありそうですよね・・

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

最終回 第24話 わたしを離さないで ゲート通過から70日が経過、VIRM母星に向かって進軍中のアパス。時折、VIRM艦隊が攻撃に現れるが撃破する。015たちは廃棄されたミストルティンを訪れる。植物は生い茂っており、土壌の良さを実感する。資料や土、植物などを採取して運ぶ。 556が遂に出産、初めて誕生した生命だった。コールドスリープされていた子供たちを開放する。056は世...